ギャラリーカジオ企画展
DUO EXHIBITION of Noriko Asano and Yuka Osawa
浅野式子・大澤由夏 二人展

 

asanoosawa_202205_detail

 

2022年5月21日 [土]―29日 [日]

AM11:00―PM5:00

*最終日29日はPM4:00まで

ギャラリーでは新型コロナウイルス感染防止対策をおこなっています


MESSAGE メッセージ

 

Coming soon...


ARTIST BIOGRAPHY 作家経歴

 

浅野 式子 Noriko ASANO
1982 武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科 卒業
1994 ドイツ・ニュルンベルク造形芸術大学 卒業
1994 - 1999 ミュンヘンにてフリーで制作活動
1999 - 東京に在住、日本・ヨーロッパ・アメリカ等の展覧会に出品
   
主な展覧会  
1987 Jugend gestaltet München(ドイツ)
1995 Class of '95 London(イギリス)
1997 国際ジュウリーコンペティション "F.W.Müller '97" 特選
1998 Japanese Jewellery in Finland & Sweden(フィンランド、スウェーデン)
1999 第8回日本ジュウリデザイナー和光展(銀座)
2002 Nippon - 8 Japanese Galerie Vromans, Amsterdam(オランダ)
  Hidden Passion 台・日・韓三カ国巡回展(台北、銀座、ソウル)
2003 Schmuck aus Nippon Galerie Orfeo, Köln(ドイツ)
  個展 ギャラリー Ecru+HM(銀座)[2005, 2007, 2010]
2004 Contemporary Jewellery from Japan Gallery Electrum, London(イギリス) 
  The Alice and Louis Koch Collection 収蔵
2005 コンテンポラリージュエリー五人展 ギャラリー マロニエ(京都)
  個展 ギャラリーOⅡ(馬込)[2008, 2011, 2013, 2015]
  個展 ギャラリー藍(久我山)[2007, 2009]
2006 「包む。」展 伊丹市立工芸センター(伊丹)
2007 「荒井ギャラリーの11年」荒井アトリエ・ギャラリー(恵比寿)
2008 Contemporary Japanese Jewelry KEIKO Gallery, Boston(アメリカ)
2009 Anthology ギャラリーおかりや(銀座)
2011 個展 ギャラリーおかりや(銀座)[2013, 2015, 2017, 2019, 2021]
2012 個展 荒井アトリエ・ギャラリー(洗足)[2014, 2016, 2017]
  個展 ギャラリーC.A.J.(京都)[2020]
2013 伊丹国際クラフト展(伊丹)
2015 個展 Galerie KIRCH(国立)
2017 Lesley Kehoe Galleries, Melbourne(オーストラリア)
2018 個展 1010 Art Gallery(横浜)[2020]
2021 個展 アートスペース煌翔(阿佐ヶ谷)
  他 個展、グループ展多数

 

 

大澤 由夏 Yuka OSAWA
1985 武蔵野美術短期大学工芸科 テキスタイル専攻修了
1986 Handarbetets Vänner Skola,Stockholm/SWEDENで
  伝統的な織り方の技術を基に現代的なデザイン表現を学ぶ。
1987 スウェーデン・イェーテボリ王立工芸大学 テキスタイルアート専攻入学
1989 同大学修了 修士号取得 Master of Fine Arts Applied Art and Craft (MFA)
  インテリア織物会社・デザイン室勤務、輸入テキスタイル会社勤務を経て「P+Yクラフトフェローズ」共同主催
  現在、個人スタジオ「Yukka・TEXTILE design + weaving」をベースに織物受注制作、織物講師として活動を行う。
  同時に北欧直輸入糸の販売・織物制作やデザインに関するアドバイスにも対応している。
2003〜 現在 武蔵野美術大学 通信教育課程臨時講師
2004 2nd EUROPEAN TRIENNIAL TEXTILE AND FIBRE ART Riga/LATVIA
  その他、SWEDEN・韓国・日本の展覧会などに出展。
   
  人の肌に近いもの:「繊維」が生活にも欠かせないもの、又アートやクラフトの世界で
  果てしない可能性をもち合わせている素材であるという事に興味を持っている。
  時間・季節の移ろいの中に反映する光や空気感を作品のイメージソースとして制作。
  「繊維」の素材感を重視し「織る」事を手段にアートとデザインの方向でテキスタイルの可能性を探る。
  人々の五感に何かを感じられるようなアート志向のもの、同時に建築空間・住空間においても
  展示したり用途が考えられるものを提案している。
   
  著書「空間を暖かく彩る 北欧風の織物を織る」染織と生活社 「月刊染織α」2002年1月号
    「格子のタペストリーを織る」武蔵野美術大学出版局「テキスタイル 表現と技法」共著2007年発行

 

.
 
  
 
  

ページの先頭に戻る