藤山ハン・森本秀樹二人展

 

ギャラリーカジオ企画展

EXHIBITION of Han Fujiyama and Hideki Morimoto
藤山ハン・森本秀樹 二人展

 

fuji_mori1_202107_detail

藤山ハン「断崖の上に立つ人」100.0×62.0cm 油彩/雁皮紙

 

fuji_mori2_202107_detail

森本秀樹「雨の汽水域」60.6×91.0cm 油彩/キャンバス

2021年7月11日 [日]―19日 [月]

AM11:00―PM5:00

*最終日19日はPM4:00まで

ギャラリーでは新型コロナウイルス感染防止対策をおこなっています


昨年4月に予定しておりました二人展を、今年7月に気分を新たに開催する運びとなりました。
皆様のご来場をお待ちしております。

※11日[日]14時より作家と土方明司によるギャラリートークを行います。
人数限定の予約制となりますので、お申し込みはメールアドレス(info@gallery-cajio.com)までお願いいたします。

ギャラリーカジオ


MESSAGE メッセージ

 

藤山ハン・森本秀樹 二人展に寄せて

藤山ハンと森本秀樹。一見すると、その絵画は対照的だ。しかし、現実を信じ、なぞることを厭う点で共通する。藤山は闇を遡行し、森本は時を遡行する。それは意識下を遡行することにもつながる。途上で出会う忘れ難い光景が、特異なビジョンにより絵画化される。その絵は見る者の眠れる記憶と感覚を揺り動かす。闇を貫く眼差し、時を透過する眼差しが強いからだ。初めての二人展。ふだん見慣れたカジオの展示空間が、どのように異化するか、今から楽しみである。

川崎市岡本太郎美術館館長/武蔵野美術大学客員教授
土方明司


ARTIST BIOGRAPHY 作家経歴

 

藤山ハン Han FUJIYAMA
1941年 鹿児島市生まれ
1958年 母の死に伴い、奄美大島の地を踏む
1962年 北の地、自然界景に憧がれ旅する。画帖を残し、帰途後絵画の道を意志する
   
1968年 <人形> シリーズによる記録映像「A DOLL」(ドナルド・リチー制作、ニューヨーク近代美術館収蔵)
  初個展(東京セントラル美術館)
1987年 画集出版 (形文社)
  自選展開催 (横浜市民ギャラリー)
1988年 住居火災に遭う。後に焼跡現場より拾い集めた遺物類でオブジェ作品制作
2000年 “21世紀へのメッセージ―人間性の回復に向けて” 合同作品集 (鏑木昌弥):(アートギャラリー環 発行)
  「20世紀回顧・鹿児島と洋画展」(鹿児島市立美術館)
2001年 パリ郊外、オーヴェルのゴッホ墓参の機を得る。旅路スケッチを残す
2005年 「瀧口修造・夢の漂流物」(世田谷美術館、富山県立近代美術館)
2010年 <火焔の獅子たちfuji_biography-imgの遠淵に・陽炎う言霊貌氏の幻影>
  長年の集大成作“コラージュ・シーン”完結す
2011年 詩画集 (私蔵版) 詩:高内清皓 絵:藤山ハン
2014年 「スサノヲの到来―いのち、いかり、いのり」(足利市立美術館、ほか巡回展)
2015年 「画家の詩、詩人の絵」(平塚市美術館、ほか巡回展)
2019年 「私の愛する一点展」(東御市  梅野記念絵画館)

 

 

森本秀樹 Hideki MORIMOTO
1951年 愛媛県宇和島市出身
1971年 武蔵野美術短大油絵専攻卒業
   
1977年 千葉県展受賞 (1977~85年出品)
1990年 上野の森美術館大賞展出品 (1992年賞候補, 1993年佳作賞)
1991年 昭和会展出品 (1992年出品)
1999年 日本国際現代美術展 (NICAF) 出品 (2001年出品)
2003年 森本秀樹画集「宇和島」刊行
2006年 コレクターによる森本秀樹展 ─宇和島─ (東京, Gallery KANI)
  森本秀樹展 ─記憶のUWAJIMA─ (宇和島生涯学習センター)
2007年 森本秀樹展 父の見ていた風景 ─宇和島─ (長野, 梅野記念絵画館)
  森本秀樹展 (愛媛, 畦地梅太郎記念美術館)
2014年 斎藤実コレクション ─森本秀樹展─ (東京, GALLERYゴトウ)
  森本秀樹展 (神奈川, museum from winds)
2016年 森本秀樹展 (愛媛, MIURART VILLAGE)
   
主な個展・グループ展
1991年 個展 (東京, GALLERY 汲美/1991~2006年)
1998年 個展 (東京, GALLERYしらみず美術/2000~03, 09年)
2001年 個展 (東京, 小田急新宿店美術サロン/2002~06年)
2005年 個展 (新潟, 新潟絵屋/2006, 08年)
2006年 個展 (神戸, GALLERY島田/2008, 12, 14, 18年)
2008年 個展 (愛知, 名古屋画廊/2011, 14年)
2010年 個展 (東京, GALLERYゴトウ/2011~20年)
2013年 個展 (東京, フォルム画廊)
2018年 個展 (東京, ギャラリーカジオ)
2019年 個展 (福島, 米子, 広島, 岡山, 天満屋美術画廊)
2020年 個展 (東京, GALLERYゴトウ)
  個展 (名古屋, 名古屋画廊)
  二人展 (東京, Gサロンドエス)
   
現在  
無所属  
2010年 よりアトリエを宇和島に移す

 

武井政之展

 

ギャラリーカジオ企画展

MASAYUKI TAKEI EXHIBITION
武 井 政 之 展

 

takei_202106_detail

「青い風」10F/油彩

2021年6月5日 [土]―13日 [日]

AM11:00―PM5:00

*最終日13日はPM4:00まで

ギャラリーでは新型コロナウイルス感染防止対策をおこなっています


MESSAGE メッセージ

 

ミニアチュールなども数多く取り揃えて、楽しい展示となっております。
皆さまのお越しをお待ちしております。


ARTIST BIOGRAPHY 作家経歴

 

武井 政之 Masayuki TAKEI
1946 長野県に生まれる。1歳より18歳まで大阪で育つ。
府立三国丘高校卒、文化学院で美術、武蔵野美術大学で建築デザイン、セツモードセミナーでデッサンを学ぶ。
1971 銀座の百貨店に年間を通じて油絵を展示する。この間、多くの後援者にめぐり会う。
1976 永代信用組合日本橋支店壁画完成 (500号)
1989 鳥類保護連盟において鳥シリーズが常陸宮の高覧を得る
1993 大阪三井アーバンベイタワーホテル スウィートルーム全室作品納入
1995 外務省南米局長応接室作品納入 (40号・20号)
1999 駐ポーランド日本大使館全室作品納入
  大阪JR梅田ギャラリー武井政之展 (読売新聞社主催)
2000 駐ベルギー日本大使館全室作品納入
2002 神奈川県相鉄ギャラリー「30年の軌跡 光・花・愛」開催
2008 近鉄百貨店阿倍野店 武井政之油彩展
2012 静岡、大阪、東京、横浜で「画業40周年記念展」が開催される。
   
  全国の画廊、百貨店等で個展多数。世界銀行東京オフィス他企業収蔵多数。
全国の病院、医院、老人ホーム等多数収蔵。

 

上野明美展

 

ギャラリーカジオ企画展

UENO AKEMI EXHIBITION
上 野 明 美 展

 

ueno_202105_detail

「風と共に」100×161cm 油彩/キャンバス

2021年5月15日 [土]―23日 [日]

AM11:00―PM5:00

*最終日23日はPM4:00まで

ギャラリーでは新型コロナウイルス感染防止対策をおこなっています


MESSAGE メッセージ

Coming Soon…


ARTIST BIOGRAPHY 作家経歴

 

上野 明美  Akemi UENO
1962 京都府生まれ
1981 京都市立銅駝美術工芸高等学校 (洋画科) 卒業
1983 嵯峨美術短期大学 (洋画専攻) 卒業
1987 第41回二紀展 (東京都美術館 / 国立新美術館) <2018・会員を辞す>
<91年奨励賞・94年優賞・98年春季二紀新人選抜大賞・2007年女流画家奨励佐伯賞>
1990 日伯現代美術展 (東京セントラル美術館)
1994 日仏現代美術展 (東京都美術館 / 大阪市立美術館 / パリ・ロンポワン・モンテーニュホール)
1996 文化庁芸術インターンシップ (国内研修員)
1999 彩象99 ―ハイブリッド絵画・埼玉― (埼玉県立近代美術館一般展示室) (2003年まで毎年)
2008 文化庁新進芸術家留学制度研修員 (特別派遣) (イタリア・フィレンツェ)
2012 第30回上野の森美術館大賞展 (上野の森美術館) (2018)
  第14回雪梁舎フィレンツェ賞展 (雪梁舎美術館 / 東京都美術館)
  その他画廊企画グループ展多数
   
個展 
1995 ―MOVE ON―<ギャラリー21+葉 / 東京>
1997 ―地空―<ギャラリー21+葉 / 東京>
1999 創ることへの視線VOL.21 ―モノクロームの鼓動―<ギャラリー21+葉 / 東京>
2001 ―心像―<ギャラリー21+葉 / 東京>
  ―水の鏡―<ギャラリー銀座汲美 / 東京>
2002 ―沈黙の水―<ギャラリー銀座汲美 / 東京>
2003 ―現れるもの―<ギャラリー銀座汲美 / 東京>
2006 ―Inside Story―<ギャラリー銀座汲美 / 東京>
2010 ―生命への祈り―<ギャラリーゴトウ / 東京>
2011 上野明美展<ギャラリーヒルゲート / 京都>
  ―紙の作品と小さな立体―<ギャラリーラ・メール / 東京>
2012 ―内なるひと―<ギャラリーゴトウ / 東京>
  上野明美小品展<ギャラリーラ・メール / 東京>
2013 上野明美展<ギャラリーラ・メール / 東京>
2014 ―Images―<ギャラリーゴトウ / 東京>
  ―小さな世界からの贈り物―<ギャラリーラ・メール / 東京>
2016 ―心の窓―<ギャラリーゴトウ / 東京>
  上野明美展<文房堂 Gallery Cafe / 東京>
2017 ―存在のフォルム―<アートギャラリー呼友館 / 埼玉>
  上野明美展<ギャラリーカジオ / 東京>
2018 -静かな想い-<ギャラリーラ・メール / 東京>
2019 -内なる彼方―<ギャラリーハルジ / 千葉>
  -出現―<ギャラリーゴトウ / 東京>
2020 上野明美展<ギャラリーテムズ / 東京>
  ―今―<ギャラリーハルジ / 千葉>

 


ページの先頭に戻る