武井政之展

 

ギャラリーカジオ企画展

MASAYUKI TAKEI EXHIBITION
武 井 政 之 展

 

takei_202106_detail

「青い風」10F/油彩

2021年6月5日 [土]―13日 [日]

AM11:00―PM5:00

*最終日13日はPM4:00まで

ギャラリーでは新型コロナウイルス感染防止対策をおこなっています


MESSAGE メッセージ

 

ミニアチュールなども数多く取り揃えて、楽しい展示となっております。
皆さまのお越しをお待ちしております。


ARTIST BIOGRAPHY 作家経歴

 

武井 政之 Masayuki TAKEI
1946 長野県に生まれる。1歳より18歳まで大阪で育つ。
府立三国丘高校卒、文化学院で美術、武蔵野美術大学で建築デザイン、セツモードセミナーでデッサンを学ぶ。
1971 銀座の百貨店に年間を通じて油絵を展示する。この間、多くの後援者にめぐり会う。
1976 永代信用組合日本橋支店壁画完成 (500号)
1989 鳥類保護連盟において鳥シリーズが常陸宮の高覧を得る
1993 大阪三井アーバンベイタワーホテル スウィートルーム全室作品納入
1995 外務省南米局長応接室作品納入 (40号・20号)
1999 駐ポーランド日本大使館全室作品納入
  大阪JR梅田ギャラリー武井政之展 (読売新聞社主催)
2000 駐ベルギー日本大使館全室作品納入
2002 神奈川県相鉄ギャラリー「30年の軌跡 光・花・愛」開催
2008 近鉄百貨店阿倍野店 武井政之油彩展
2012 静岡、大阪、東京、横浜で「画業40周年記念展」が開催される。
   
  全国の画廊、百貨店等で個展多数。世界銀行東京オフィス他企業収蔵多数。
全国の病院、医院、老人ホーム等多数収蔵。

 

上野明美展

 

ギャラリーカジオ企画展

UENO AKEMI EXHIBITION
上 野 明 美 展

 

ueno_202105_detail

「風と共に」100×161cm 油彩/キャンバス

2021年5月15日 [土]―23日 [日]

AM11:00―PM5:00

*最終日23日はPM4:00まで

ギャラリーでは新型コロナウイルス感染防止対策をおこなっています


MESSAGE メッセージ

Coming Soon…


ARTIST BIOGRAPHY 作家経歴

 

上野 明美  Akemi UENO
1962 京都府生まれ
1981 京都市立銅駝美術工芸高等学校 (洋画科) 卒業
1983 嵯峨美術短期大学 (洋画専攻) 卒業
1987 第41回二紀展 (東京都美術館 / 国立新美術館) <2018・会員を辞す>
<91年奨励賞・94年優賞・98年春季二紀新人選抜大賞・2007年女流画家奨励佐伯賞>
1990 日伯現代美術展 (東京セントラル美術館)
1994 日仏現代美術展 (東京都美術館 / 大阪市立美術館 / パリ・ロンポワン・モンテーニュホール)
1996 文化庁芸術インターンシップ (国内研修員)
1999 彩象99 ―ハイブリッド絵画・埼玉― (埼玉県立近代美術館一般展示室) (2003年まで毎年)
2008 文化庁新進芸術家留学制度研修員 (特別派遣) (イタリア・フィレンツェ)
2012 第30回上野の森美術館大賞展 (上野の森美術館) (2018)
  第14回雪梁舎フィレンツェ賞展 (雪梁舎美術館 / 東京都美術館)
  その他画廊企画グループ展多数
   
個展 
1995 ―MOVE ON―<ギャラリー21+葉 / 東京>
1997 ―地空―<ギャラリー21+葉 / 東京>
1999 創ることへの視線VOL.21 ―モノクロームの鼓動―<ギャラリー21+葉 / 東京>
2001 ―心像―<ギャラリー21+葉 / 東京>
  ―水の鏡―<ギャラリー銀座汲美 / 東京>
2002 ―沈黙の水―<ギャラリー銀座汲美 / 東京>
2003 ―現れるもの―<ギャラリー銀座汲美 / 東京>
2006 ―Inside Story―<ギャラリー銀座汲美 / 東京>
2010 ―生命への祈り―<ギャラリーゴトウ / 東京>
2011 上野明美展<ギャラリーヒルゲート / 京都>
  ―紙の作品と小さな立体―<ギャラリーラ・メール / 東京>
2012 ―内なるひと―<ギャラリーゴトウ / 東京>
  上野明美小品展<ギャラリーラ・メール / 東京>
2013 上野明美展<ギャラリーラ・メール / 東京>
2014 ―Images―<ギャラリーゴトウ / 東京>
  ―小さな世界からの贈り物―<ギャラリーラ・メール / 東京>
2016 ―心の窓―<ギャラリーゴトウ / 東京>
  上野明美展<文房堂 Gallery Cafe / 東京>
2017 ―存在のフォルム―<アートギャラリー呼友館 / 埼玉>
  上野明美展<ギャラリーカジオ / 東京>
2018 -静かな想い-<ギャラリーラ・メール / 東京>
2019 -内なる彼方―<ギャラリーハルジ / 千葉>
  -出現―<ギャラリーゴトウ / 東京>
2020 上野明美展<ギャラリーテムズ / 東京>
  ―今―<ギャラリーハルジ / 千葉>

 

淀井彩子版画1994〜2005

 

ギャラリーカジオ企画展

AYAKO YODOI EXHIBITION
淀 井 彩 子  版画 1994〜2005

 

yodoi_202104_detail

「武蔵野台地」コラグラフ 631×512mm

2021年4月17日 [土]―25日 [日]

AM11:00―PM5:00

*最終日25日はPM4:00まで

ギャラリーでは新型コロナウイルス感染防止対策をおこなっております


MESSAGE メッセージ

Coming Soon…


ARTIST BIOGRAPHY 作家経歴

 

淀井 彩子 Ayako YODOI
1943 東京生まれ
1968 東京芸術大学大学院美術研究科油画専攻修了
1968 2年間、フランス政府給費留学生としてパリ国立美術学校留学
1971 若林奮と結婚
1972 長女、若林砂絵子生まれる
1977 次女、若林夏欧生まれる
1989-2013 青山学院女子短期大学芸術学科講師、教授を務める
   
個展
1971-79 「淀井彩子展」みゆき画廊 (東京)
1982 「淀井彩子 油彩 ― SOUTH」雅陶堂ギャラリー (東京)
1984, 86, 87 「淀井彩子展」鎌倉画廊 (東京)
1988-91, 95 「淀井彩子展」みゆき画廊 (東京)
1992, 2005 「淀井彩子 版画」ギャラリー・イン・ザ・ブルー (宇都宮, 栃木)
1993 「淀井彩子 芭蕉・夏」ギャラリーブロッケン (東京)
1994 「淀井彩子 光の中で呼吸する」ギャラリー・イン・ザ・ブルー (宇都宮, 栃木)
1995 「淀井彩子 コッド岬 ― 油彩によるドローイング」CLAY GALLERY (東京)
1996 「淀井彩子 コラグラフ 1995-1996」みゆき画廊 (東京)
1996, 97 「淀井彩子 コッド岬 / 武蔵野台地  油彩によるドローイング」ギャラリーブロッケン (東京)
1996 「淀井彩子 コッド岬」ギャラリー・イン・ザ・ブルー (宇都宮, 栃木)
1997 「武蔵野台地  油彩によるドローイング」ギャラリーブロッケン (東京)
1997-2000 「淀井彩子 土地の名・土地の色・土地の時間」夢土画廊 (東京)
1998 「淀井彩子 土地の名・土地の色・土地の時間」みゆき画廊 (東京)
2000, 04 「淀井彩子 版画」ギャラリー412 (東京)
2000 「骨の風景、南の時間 ― 油彩によるドローイング」麻布霞町画廊 (東京)
2001 「淀井彩子 新作版画2001」みゆき画廊 (東京)
2001 「淀井彩子 Baseo ばせお ― GOUACHES 2001」 空想・ガレリア (東京)
2002 「土地の名・土地の色・土地の時間 TABLEAUX 1997-2002」中之沢美術館 (前橋, 群馬)
2003, 06, 11 「淀井彩子 油彩・版画 ― 形象」みゆき画廊 (東京)
2007 「淀井彩子の世界」GEM ART (東京)
2008 「淀井彩子 エジプト紀行 1970年代グァッシュ」ギャラリーブロッケン (東京)
2010 「淀井彩子 退任記念展」青山学院女子短期大学短大ギャラリー (東京)
2011 「淀井彩子 土地の名・土地の色・土地の時間 ― 油彩によるドローイング」ギャラリーTOM (東京)
2011-12 特集展示「淀井彩子 土地の名・土地の色・土地の時間」横須賀美術館 (神奈川)
2013, 14 「淀井彩子 地図・ネガの手」みゆき画廊 (東京)
2015 「淀井彩子 土地の名・土地の色・土地の時間 2015」みゆき画廊 (東京)
2016 「淀井彩子 ― 空間を描く」ギャラリーTOM (東京)
2016 「淀井彩子 ― 布に描く」ギャラリーブロッケン (東京)
2016 「淀井彩子 Monotype」うしお画廊 (東京)
2017 「淀井彩子・風景」うしお画廊 (東京) 
2018 「淀井彩子 風景 2018」ギャラリーカジオ (東京)
2018 「淀井彩子 時間・呼びかかける2018」うしお画廊 (東京)
2018 「淀井彩子 時間・呼びかける」始弘画廊 (東京)
2019 「淀井彩子 時間・つぎの風景へ2019」うしお画廊 (東京)
2020 「淀井彩子 近景 2020」ギャラリーブロッケン (東京)
2020 「淀井彩子 版画集 1979-2013」うしお画廊 (東京)
   
展覧会
1966, 67 「新制作展」東京都美術館 (東京)
1967, 68 グループ「回」みゆき画廊、壱番館画廊 (東京)
1969 「ル・サロン1969」グラン・パレ美術館 (パリ, フランス)
1969, 70 「フランス政府給費留学生美術展」放送会館、ユネスコ会館 (パリ, フランス) 
1970 「セプタントリオン展」リール美術館 (リール, フランス)
1979 「山口長男と7人の新人展」ギャラリージェイコ (東京)
1992 「菅沼緑 (彫刻)・淀井彩子展」リベストギャラリー創 (東京)
1993, 95, 99, 2002, 06 「いのち・色・かたち ― LIFE・COLOR・FORM」ギャラリーブロッケン (東京)、コートランド・ジェサップ ギャラリー (プロヴィンスタウン, ニューヨーク, アメリカ) 
1994 「須賀野チイ (彫刻)・淀井彩子展」ギャラリーブロッケン (東京)
1998 「レクイエム・大沢昌助展」夢土画廊 (東京)
1998 「淀井彩子・鞍掛純一 (彫刻) 展」ギャラリーブロッケン (東京)
1998, 2000, 02, 05, 14, 18 「TOKYO – BARCELONA」ギャラリーゼロ / サントル・シヴィック・パティ・リモナ/ ラ・カサ・エリザルデ/ カサ・ピエラ (バルセロナ, スペイン) 
2001, 04, 07 「グループ輪」銀座和光ホール (東京)
2001, 03 第3, 4回「ICWA国際女流美術家展」バララット美術館 (バララット, オーストラリア)、MIRAアートギャラリー (メルボルン, オーストラリア)、世田谷美術館区民ギャラリー (東京)
2001, 03, 05, 08 「ウィスコンシン・埼玉芸術家交流展」ネビル博物館 (グリーンベイ, アメリカ)、ユニオンギャラリー (マジソン, アメリカ)、ウエストベンド美術館 (ミルウォーキー, アメリカ)、埼玉県立近代美術館ギャラリー
2001-08 「日中友好交流展」湖北美術学院美術館 (武漢, 中国)、山梨県立美術館、世田谷美術館区民ギャラリー (東京)
2002 「掛井五郎 (彫刻)・淀井彩子展」ギャラリーブロッケン (東京)
2003 「版画・半画・反画 ― 表現と技法」練馬区立美術館 (東京)
2003-20 「森の中の美術展」中之沢美術館 (前橋, 群馬)
2005, 09 「芸術家の妻たち展」カスヤの森現代美術館 (横須賀, 神奈川)
2007 「生命・呼吸・時間 ― 淀井彩子・熊井恭子・イワタルリ」上野の森美術館ギャラリー (東京)
2009 「若林砂絵子・淀井彩子展」ギャラリー・イン・ザ・ブルー (宇都宮, 栃木)
2009 「KIZUNA ― 若林奮・若林砂絵子・淀井彩子・夏欧」ギャラリーTOM (東京)
2010 「本はいのちの水だから ― 淀井彩子  若林夏欧  若林奮  若林砂絵子」ギャラリーTOM (東京)
2011 「淀井敏夫の系譜展」あさご芸術の森美術館 ─ 淀井敏夫記念館 (朝来, 兵庫)
2012 「大沢昌助・淀井彩子展」ギャラリーブロッケン (東京)
2014 「淀井彩子・鞍掛純一の いろとかたち」ギャラリーブロッケン (東京)
2014 「淀井彩子・淀井由利子 ― 版画展」ギャルリー412 (東京)
2014 「第2回 カサブランカ ビエンナーレ」 (カサブランカ, モロッコ)
2015 「色彩・フォルム 金子菜緒子・淀井由利子・淀井彩子 3人展」中之沢美術館 (前橋, 群馬)
2016 「練馬区立美術館コレクション展 1990-2000年代」練馬区立美術館 (東京)
2017 「それぞれのふたり 淀井彩子と淀井敏夫」ミュージアム・コレクション1 世田谷美術館 (東京)
2017 「母への賛歌」ギャラリーTOM (東京)
2017 「川風にふかれて」ギャラリーアビアント (東京)
2018 「本をめぐる風景」ギャラリー412 (東京)
2018 「第1期所蔵品展 8室 嶋田しづと淀井彩子」横須賀美術館 (神奈川)
2020 「ふたり 淀井彩子・若林奮」ギャラリーTOM (東京)
2020 「つどい I」ギャラリーTOM (東京)
2021 「淀井彩子・瀬辺佳子 二人展」ギャラリー・イン・ザ・ブルー (宇都宮, 栃木)
   
パブリック・コレクション (油彩画 / 版画)

世田谷美術館、横須賀美術館、練馬区立美術館、神奈川県立近代美術館 / 茨城県立近代美術館、目黒区美術館、町田市立国際版画美術館、新潟市美術館

 


ページの先頭に戻る