2016年 | ギャラリーカジオ gallery Cajio – 武蔵小金井

木村不二雄展

 

 

木村 不二雄   染色展

 

ex2016-kimura-detail

 

 

 

2016年12月10日(土)〜18日(日)
AM11:00〜PM5:00

 

 

作家在廊日:10日(土), 11日(日), 16日(金), 17日(土), 18日(日)

*10日(土)午後2時より、作家によるギャラリートークを行います。

*10日(土)午後3時より、ささやかなオープニングパーティーを開きます。

どうぞお気軽にお出かけください。

 

 

MESSAGE メッセージ

信州に移り住んで25年、自然の色で染める草木染友禅にとりくんできました。

心安らぐ世界をご高覧いただきたくご案内申し上げます。

 

 

 

ARTIST BIOGRAPHY 作家経歴

 

木村不二雄 Fujio KIMURA 染色家
1959 東京都生まれ
1982〜 神奈川職員
1991 染色作家 小山仁郎氏に師事
2000〜 独立       
2012 信州の名工 知事表彰
   
 現在 第一美術協会長野県工芸会 会員
  長野県須坂市在住

 

 

冬の贈り物2016─手作りギフト展─

 

 

冬の贈り物2016

─手作りギフト展─
WINTER HANDMADE GIFT FAIR

 

ex2016-gift-detail

 

2016年12月2日(金), 3日(土), 4日(日)
AM11:00〜PM5:00

*4日最終日はPM4:00まで

 

 

MESSAGE メッセージ

サンデーギャラリーからギャラリーカジオに会場を移し、
今年もたくさんの手作りの小物を取り揃えて、
皆さまのお越しをお待ちしております。
どうぞお誘いあわせの上、ご来場ください。

 

主催:ギャラリーカジオ

 

※  視覚障害福祉のため、売り上げの一部を寄付させていただきます。

 

 

 

井尾建二展

 

 

井尾 建二 展
Kenji IO EXHIBITION

 

ex2016-io-detail

 

2016年11月12日(土)〜20日(日)
AM11:00〜PM5:00

 

 

MESSAGE メッセージ

Coming Soon…

 

 

 

 

 

ARTIST BIOGRAPHY 作家経歴

 

井尾建二 Kenji IO 金工家 (鍛金・彫金)
1945 金工家井尾敏雄の次男として香川県高松市に生まれる
1964 香川県立高松工芸高等学校工芸科卒
1968 東海大学 (文学部広報学科)卒 大学時代から父に鍛金・彫金を学ぶ 
  現(株)電通パブリックリレーションズ入社        
1971 伝統工芸新作展 (現東日本伝統工芸展)、日本金工展に初入選、以降連続出品
1975 第22回日本伝統工芸展に初出品 以降連続出品
  東日本伝統工芸展・日本金工展にて受賞
1980 日本工芸会正会員に推挙される
1983 第30回日本伝統工芸展にて奨励賞受賞
1985 日本橋壺中居にて「井尾敏雄・建二父子展」
1986 第33回日本伝統工芸展監査員、以降歴任
1988 日本橋三越にて個展(他1997, 2001)
1990 ミキモト真珠島『地球儀』の製作協力
1993 伊勢神宮第61回式年遷宮にて「ご神宝」製作協力 
1994 銀座和光にて個展 (以降2回)
1995 横浜高島屋、新宿京王百貨店にて個展
1996 名古屋丸栄にて個展
2002 ギャラリー円 (高松市) にて個展 (他2006)
2004 デンマーク王立工芸博物館「現代の日本金工展」に出品
2008 日本工芸会理事、金工部会長に推挙される
  韓国ソウル大学、建国大学にて特別講義
2009 韓国ソウル大学「Talking Hands展」招待出品
  銀座和光にて企画展主宰。福岡三越にて個展
2010 坂出市かまどホール (5月)、京王百貨店 (7月)にて個展
2012 伊勢神宮第62回式年遷宮にて「ご神宝」製作協力 (〜2013)
2013 福岡三越にて個展 (2月)
  東京国立近代美術館工芸館「工芸からkogeiへ展」 (12月〜2014.2月)
2015 「銀座和光ホール」にて個展 PAD London 出品
   
現在  (公社)日本工芸会正会員 金工部会参与 青山彫金金工スクール主宰
  日本伝統工芸展特待者、同展鑑審査員歴任 日本金工展実行委員長歴任 
  日本工芸会前理事 (金工部会長2008〜2014) 武蔵野美術大学造型学部非常勤講師 (1989〜2015)

本橋大介展

 

 

ギャラリーカジオ企画展
本橋 大介 展
Daisuke MOTOHASHI EXHIBITION

 

ex2016-motohashi-detail

 

2016年10月15日(土)〜23日(日)
AM11:00〜PM5:00

 

 

MESSAGE メッセージ

<作品紹介>

木版画をベースに、シナベニヤに彫ったものを和紙に摺っています。

版木の半分に摺った木版画を貼り、版木と木版画を並列に展示しています。

摺った後で版木を電動サンダーで削ってしまうので、版画はモノタイプ、つまり1点ものです。

作品のサイズが小ぶりな点も特徴です。

そうして生まれた作品の一つ一つが、身近で親しみやすい表情を持っています。

 

木版画の持っている温もりと反復(版画と版木の並列)の機械的な様相。

これが奇妙に合体していて、独自の雰囲気を醸し出しています。

いわば、人力テクノとでも形容したくなる作品です。

 

 

 

ARTIST BIOGRAPHY 作家経歴

 

本橋 大介 Daikuke MOTOHASHI
1976 茨城県生まれ
2001 東京芸術大学美術学部絵画科油画専攻卒業
2003 東京芸術大学大学院美術研究科修士課程修了
2005 中国政府国費留学中央美術学院伝統木版画研究室進修生修了
   
個展  
2013 個展 藍画廊 (東京/銀座)
2012 個展 新世代への視点2012 藍画廊 (東京/銀座)
2011 個展 マキイマサルファインアーツ (東京/浅草橋)
2010 個展 藍画廊 (東京/銀座)
2009 個展 藍画廊 (東京/銀座)
2006 個展 ギャラリーエス (東京/表参道)
   
活動歴  
2014 阿佐ヶ谷アートストリート2014 ラピュタ阿佐ヶ谷にて展示
  朝日新聞出版「悪采師」平茂寛/著 カバー装画
2013 朝日新聞出版「鬼と三日月」乾緑郎/著 カバー装画
2012 創出版「ぢぢ放談 激闘篇」永六輔・矢崎泰久/著 カバー装画
  朝日新聞出版「この君なくば」葉室燐/著 カバー装画
    朝日新聞出版「隈取絵師」平茂寛/著 カバー装画
2010 朝日新聞出版「柚子の花咲く」葉室燐/著 カバー装画
    創出版「ぢぢ放談」永六輔・矢崎泰久/著 カバー装画
2007 アジア地域における版画教育の現状 (武蔵野美術大学版画研究室より発行 一部論文執筆)
2006 第83回春陽展
2005 第4回飛騨高山木版画ビエンナーレ
2004 第2回中国留学生美術展
2003 第3回飛騨高山現代木版画ビエンナーレ
2002 第70回日本版画協会展
    第2回山本鼎版画大賞展
2001 第2回飛騨高山現代木版画ビエンナーレ (奨励賞)
    あおもり版画トリエンナーレ2001
    第69回日本版画協会展
作家HP: http://www.daisuke-motohashi.com/

 

 

川上麻衣子展

 

 

MAIKO KAWAKAMI GLASS DESIGN EXHIBITION
川上 麻衣子   ガラスデザイン展
—スウェーデンの小物たち—

 

ex2016-kawakami-detail

 

2016年7月9日(土)〜18日(月・祝)
AM11:00〜PM5:00


*スペースの関係上、お花などのお心遣いは固くご辞退申し上げます。
*多目的ホールでは、作家によるガラスおよびスウェーデンの小物等の販売をいたします。 どうぞお誘いあわせの上、おでかけください。

 

 

MESSAGE メッセージ

Coming Soon…

 

 

 

ARTIST BIOGRAPHY 作家経歴

 

川上 麻衣子 Maiko KAWAKAMI


 1966年2月5日、スウェーデン・ストックホルムに生まれる。 両親がインテリアデザイナーである関係から、幼少時代よりスウェーデンと日本を行き来する。 1980年、 NHKドラマ人間模様「絆」で女優デビュー。 同年TBS「3年B組金八先生」の優等生役で注目を浴びる。
その後、映画、ドラマ、舞台と数々出演。 代表作にNHK大河ドラマ「秀吉」、日米合作「セサミストリート」、TBS「青が散る」、テレビ朝日「トライアングルブルー」 、東海テレビ連続ドラマ「牡丹と薔薇」、北野武監督「その男、凶暴につき」、新藤兼人監督「一枚のハガキ」、一人芝居「横須賀夢幻翔 ― 坂本龍馬の妻・おりょう追想記」(狭間鉄・演出作品)など。 望月六郎監督映画「でべそ」で第6回日本映画プロフェッショナル大賞主演女優賞を受賞。 今秋には映画「少女」や「家族の日」の公開が控えている。

 また、著書に『彼の彼女と私の538日〜猫からはじまる幸せのカタチ〜』(竹書房)があるほか、スウェーデンのベストセラー教育絵本シリーズ『愛のほん』『死のほん』(小学館)の翻訳も手掛ける。


 2005年、趣味であるガラス工芸を生かし「川上麻衣子のガラスデザイン展」をギャラリーMITATEで開催。同ギャラリーにて2015年「第6回川上麻衣子のガラスデザイン展」まで2年に1度のペースで新作を発表する。 2010年「そごう千葉店」「伊勢丹相模原店」、2011年「東急百貨店渋谷本店」、2012年「大丸京都店」、2014年「ザ・トレジャーガーデン館林」、2015年「新宿小田急百貨店」などでも、ガラス展を開催している。

 

 

 

酒井信義展

 

 

EXHIBITION of NOBUYOSHI SAKAI
酒井 信義 展

 

ex2016-sakai-detail
2016年6月4日(土)〜22日(水)
AM11:00〜PM5:00

*9日(木), 16日(木)は休廊

 

*4日(土)PM2:00より、作家によるギャラリートークを行います。
*4日(土)PM5:00より、ささやかなオープニングパーティーを開きます。
どうぞお気軽にお出かけください。

 

 

MESSAGE メッセージ

Coming Soon…

 

 

 

 

ARTIST BIOGRAPHY 作家経歴

 

酒井信義 Nobuyoshi SAKAI
1944 神奈川県鎌倉に生まれる
1967 東京藝術大学美術学部絵画科油画卒業 大橋賞受賞
1968 新制作協会展に出品 (以後〜73’)
1969 東京藝術大学大学院美術研究科油画修了
1970 個展 (みゆき画廊/東京)
1971 新制作協会展新作家賞受賞 現代日本新人絵画展 (髙島屋東京店)
1979 絵本『ちいさなろば』福音館書店刊 (ルース・エインズワ―ス/作, 石井桃子/訳)
1983 個展 (髙島屋東京店)
1989 前田寛治大賞展 (倉吉博物館)
  読売新聞連載小説 渡辺淳一『うたかた』挿絵担当 (以後〜 90’)
1990 渡仏 (以後〜99’)
1991 両洋の眼展 (以後94’、95’、02’〜04’、 08’、09’/兵庫)
  国際現代美術大賞展 (モナコ新国立美術館)
1992 ドローイング四人展 (ニューヨーク・アルファストギャラリー)
  朝日新聞連載小説 渡辺淳一『麻酔』挿絵担当
1993 個展 (髙島屋, 梅田近代美術館)
  IMA「絵画の今日」展 (以後95’、97’/新宿・三越美術館)
1994 モダニズムの系譜展(以後96’/髙島屋東京店、梅田近代美術館)
1995 日本経済新聞 文化面 美の十選「平面の詩学」掲載
1998 日本経済新聞連載小説 辻井喬『風の生涯』挿絵担当 (以後〜00’)
2001 日本大学藝術学部美術学科教授となる (以後〜06’)
2003 読売新聞連載小説 渡辺淳一『幻覚』挿絵担当 (以後〜04’)
2004 桃花の会 (以後06’、08’、10’、12’/髙島屋各店巡回)
2007 髙島屋美術部創設百年記念 現代日本画・洋画名家百画展 (髙島屋)
2009 髙島屋美術部創設百年記念 酒井信義展 (髙島屋各店巡回)
2010 酒井信義の世界展 (諏訪市美術館)
2011 第1回セレニテの会展(以後13’、15’/三越: 日本橋, 大阪, 福岡)
  東京新聞 (三社連合) 連載小説『グッバイマイラブ』 (佐藤洋二郎著) 挿絵
2012 現代洋画10人展 (諏訪市美術館/長野)
  個展 (三越:日本橋、大阪、福岡)
  「明日の友」婦人之友社刊 表紙担当
2013 婦人之友社「明日の友」表紙絵 酒井信義展 (日本橋三越)
2014 個展 (髙島屋: 東京, 大阪, 横浜, 京都, 名古屋, 新宿)
現在 無所属

和田的陶展

 

 

AKIRA WADA ceramic works EXHIBITION
和田 的  陶展

 

ex2016-wada-detail
2016年5月14日(土)〜22日(日)
AM11:00〜PM5:00 会期中無休

 

*14日(土)PM2:00より、作家によるスライドを使った作品説明会を開きます。
*14日(土)PM5:00より、ささやかなオープニングパーティーを開きます。
どうぞお気軽にお出かけください。

 

 

MESSAGE メッセージ
 

この度、武蔵小金井に「gallery Cajio」がオープン致します。
会場には新作の香炉や香合など、10点程が並びます。
お時間御座います時に、足をお運び頂けましたら幸いです。

和田 的

 

 

ARTIST BIOGRAPHY 作家経歴

 

和田 的 Akira WADA
1978 千葉県千葉市生まれ
2001 文化学院芸術専門学校陶磁科卒業 上瀧勝治氏に師事
2005 窯を持ち独立 日本工芸会正会員認定
2007 文化庁新進芸術家海外研修員として渡仏
現在  日本工芸会正会員 千葉県美術会理事 千葉県陶葉会会員
   
個展  
2007 日本橋三越本店 (以後09’、11’、14’/東京)
2010 千葉三越 (千葉)
2011 柿傳ギャラリー (以後13’/東京)
2012 現代陶芸 寛土里 (東京) やまに大塚 ギャラリー緑土里 (栃木)
   
企画展  
2009 第60回記念千葉県美術展覧会選抜展 (千葉県立美術館/千葉)
2010 現代工芸への視点―茶事をめぐって― (東京国立近代美術館工芸館/東京)
2011 第6回パラミタ陶芸大賞展 (パラミタミュージアム/三重)
  茶陶 造形と意匠にみる現在性Ⅱ (ギャラリーヴォイス/岐阜)
  「白の時代」展 (益子陶芸美術館/栃木)
  野外彫刻半世紀展 (北九州市立美術館分館/福岡・ときわミュージアム/山口)
  REVALUE NIPPON PROJECT (茨城県陶芸美術館/茨城)
2012 現代の造形-Life&Art-ふれる器 Feel Ceramics (東広島市立美術館/広島)
2013 現代の名碗 (菊池寛実記念 智美術館/東京)
清州ビエンナーレ招待出品 (韓国)
2014 展開するチカラ展 (益子陶芸美術館/栃木)
  現代・陶芸現象 (茨城県陶芸美術館/茨城)
  関東のうつわ展 (伊丹市工芸センター/大阪)
  和田 的 陶展 (LIXIL GALLERY/東京)
  第19回MOA岡田茂吉賞展 (MOA美術館/静岡)
2015 日本工芸会東日本・東海選抜展 伝統工芸の現代性 (MOA美術館/静岡)
   
彫刻展  
2010 第10回大分アジア彫刻展 (朝倉文夫記念館/大分)
2011 第24回UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)  (ときわ公園/山口)
2012 第12回鹿島彫刻コンクール (鹿島KIビル・アトリウム/東京・大阪)
   
受賞  
2004 千葉県美術展 (以後06’、11’)
2007 第35回新作陶芸展 白器「表裏」日本工芸会賞
2009 第3回菊池ビエンナーレ 白器「ダイ/台」奨励賞
第20回日本陶芸展 「ザ! オブジェ」特別賞 池田満寿夫賞
2010 第50回東日本伝統工芸展 白磁「はこ」第50回展記念賞
2011 パラミタ陶芸大賞展 大賞
UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展) 「ふわふわ5 ! 」山口銀行賞
   
ワークショップ・講演
2012 多治見意匠研究所 (ワークショップ・スライドレクチャー/岐阜)
2013 第43回茶道夏期大学 講演「自作を語る」 (柿傳・安与ホール/東京)
茨城県窯業指導所 (以後14’、16’ ワークショップ・スライドレクチャー/茨城)
   
パブリックコレクション
宮内庁、国際交流基金、土岐市、パラミタミュージアム (三重)、茨城県陶芸美術館 (茨城)、シンシナティー美術館 (アメリカ)

ページの先頭に戻る