2019 | ギャラリーカジオ gallery Cajio – 武蔵小金井

夏休み子ども版画教室「版画でつくる海のいきもの」

 

夏休み子ども版画教室

版画でつくる海のいきもの

 

kodomohanga

 

2019年7月24日(水)

PM1:00〜PM4:00

ギャラリーカジオ B1 多目的ホール

指導:木村遥名(東京藝術大学版画第一研究室修了)


●対象・定員:小学生(先着10名)
※定員になり次第締め切らせていただきます。予めご了承ください。
●持ち物:汚れてもよい服装
●受講料[教材費込]:2,000円(税込)

お申し込みはメール、お電話、FAXにて件名を「子ども版画教室参加希望」とし、
本文にお名前、人数、連絡先を明記の上、ギャラリーまでご連絡ください。
受付締切日:7月20日(土)

電話・FAX:042-403-0915(11:00〜17:00)
メールアドレス:info@gallery-cajio.com

第6回サタデートーク

 

第6回 サタデートーク

小金井ゆかりの彫刻家

若林 奮
─自分が自然の一部であること─

 

ex2019-saturdaytalk1-detail

 

2019年7月20日(土)

PM2:00〜PM4:00

ギャラリーカジオ B1 多目的ホール


先着20名様 / 参加費2,000円(お茶・お菓子付)

申込締切日:7月7日(木)
※先着順ですので定員になり次第締め切らせていただきます。予めご了承ください。

メール(info@gallery-cajio.com)またはFAX(042-403-0915)にて受け付けております。
ご予約の際は、ご連絡先(住所・氏名・電話番号)のご記入をお願いいたします。
メールの場合は件名に「第6回サタデートーク申込希望」とご記入ください。

>>申込用紙(PDFファイル)はこちらから
※PDFファイルを見るにはAdobe Readerが必要です


ARTIST BIOGRAPHY 作家経歴

若林 奮 Isamu WAKABAYASHI(1936-2003)

若林奮は現代日本を代表する彫刻家。大気や水といった彫刻しがたい対象を彫刻に取り込む発想と思索のもと制作された作品は国内外で高く評価されている。彼の思索は、彫刻にとどまらず人と自然の関わりまで敷衍された。

若林は1936年(昭和11)、東京都町田市に生まれた。59年、東京藝術大学卒業。同年、小金井在住の浜素紀のもとで自動車製作に参加。68年、浜との縁により、小金井に移り仕事場を持つ。その後、仕事場は西多摩郡、青梅、御岳と移転するが、自宅は小金井だった。73年「若林奮 デッサン・彫刻展」を神奈川県立近代美術館で開催。75年、武蔵野美術大学助教授となる(のちに教授)。84年まで勤務。80年と86年、ヴェネツィア・ビエンナーレに出品。99年、多摩美術大学教授に就任。2003年、芸術選奨文部科学大臣賞受賞。

 

寺井浩一展2019

 

ギャラリーカジオ企画展
寺井 浩一 展 2019
Koichi TERAI EXHIBITION 2019

ex2019-06-terai-detail

春の光と影 [Spring of light and shadow] acrylic / alkyd H36.0×W51.0cm

 


2019年6月29日(土)〜7月7日(日)
AM11:00〜PM5:00
*最終日7日はPM4:00まで


作家在廊日:
6月29日(土), 30日(日)
7月5日(金), 6日(土)PM3:00〜, 7日(日)

*6月29日(土)PM3:00より、作家によるギャラリートークを行います。
同日PM4:00より、ささやかなオープニングパーティーを開きます。
どうぞお気軽にお出かけください。/ サクソフォン演奏 佐藤和征


MESSAGE メッセージ

Coming Soon…


ARTIST BIOGRAPHY 作家経歴

 

寺井 浩一 Koichi TERAI
1952 北海道函館に生まれる
1976 東京藝術大学絵画科油画専攻卒業
 
おもな個展
2018 オリエアート・ギャラリー(東京・北青山)
  ギャラリー ジ・アース(神奈川・鎌倉)
2017〜’15 中和ギャラリー(東京・銀座)
2017 ギャラリーストークス(東京・南青山)
2016 ギャルリ・サロンド・エス(東京・銀座)
2014 Caelum Gallery(ニューヨーク・チェルシー)
2013/’09/’06 K’s Gallery(東京・銀座)
2012 北網圏北見文化センター(北海道・北見)
2011 みゆき画廊(東京・銀座)
2008 日仏会館(東京・恵比寿)
2007 ギャラリーF分の1(東京・神田駿河台)
2002 板室観光ホテル大黒屋(栃木・那須)
1997 紀伊國屋画廊(東京・新宿)
1989/’87/’86 玉屋画廊(東京・銀座)
1979 Gアートギャラリー(東京・銀座)
1977 スルガ台画廊(東京・神田駿河台)
 
おもな企画展、公募展、グループ展ほか
2017 Salon International d’Art Contemporain ART10ans Shopping(Carrousel du Louvre / パリ)
  伊東彰規、太田保子、寺井浩一それぞれの「現在」2017 (さいとうギャラリー / 札幌)
2016 Koichi Terai & Rihaku Inoue Collaboration show(Tenri Cultural Institute Gallery / New York)
2015 石飛博光、寺井浩一「新収蔵品を中心に 北のイメージ大気・水・森」(北海道立函館美術館)
  NAU21世紀美術連立展(国立新美術館)
2011 Art Now Fair Miami(Catalina Hotel / 米国・フロリダ)
2010 グループ ケルン ジャパン(アルテファンドハウス / ケルン)
2009 Crescent Light 2008(A – forest Gallery / New York)
2008 Aesthetic Encounter Exhibition 2008(Lennox Gallery / 英国・ロンドン)
2007 Mono no Aware展(Gallery twenty-four / New York)
  MiArt 2007「日本美術の輸出展」(イタリア・ミラノ)
2007〜’05 Artexpo New York「日本美術の輸出展」(Javits Convention Center /New York)
2006 LINEART 2006 INTERNATIONAL ART FAIR「日本美術の輸出展」(ベルギー・ゲント)
  SHANGHAI ART FAIR「日本美術の輸出展」(中国・上海世貿商城)
2005〜’04 Asian Art Now(米国・ラスベガス美術館)
2002 2nd Contemporary Artists Exhibition from JAPAN(バングラディッシュ・ダッカ美術大学構内)
1998 青木繁大賞展
1997 伊豆美術祭絵画展
1995 上野の森美術館大賞展
1987 東京藝術大学創立100周年記念展
 
パブリックコレクション
北海道立函館美術館、北網圏北見文化センター
 
寺井浩一 公式サイト:
http://www.k-terai.net/

 

 


ページの先頭に戻る