第7回サタデートーク

 

第7回 サタデートーク

空間に線を引く ─彫刻家とデッサン─

 

ex2019-saturdaytalk3-detail

 

2019年12月7日(土)

PM2:00〜PM4:00

ギャラリーカジオ B1 多目的ホール


先着30名様 / 参加費2,000円(お茶・お菓子付)
メール(info@gallery-cajio.com)またはFAX(042-403-0915)にて受け付けております。
ご予約の際は、ご連絡先(住所・氏名・電話番号)のご記入をお願いいたします。
メールの場合は件名に「第7回サタデートーク申込希望」とご記入ください。

>>申込用紙(PDFファイル)はこちらから
※PDFファイルを見るにはAdobe Readerが必要です



彫刻家にとってデッサンはどのような意味を持つのだろうか。

画家と彫刻家のデッサンには違いがあるのか、あるとしたらどこからその違いが生まれるのか。
ここでは、絵画と彫刻の本来的な違いを振り返ることで、彫刻家のデッサンについて考えてみたい。

────────土方明司

彫刻家のデッサンの特質とは何か。画家は立体を平面上に描く。
つまり三次元を二次元として表現する。彫刻家は対象を立体として表現する。
よってそのデッサンは三次元を意図するものであることが分かる。
ここに画家のデッサンとの違いがある。

────────江尻潔

 

『空間に線を引く 彫刻とデッサン展』展覧会図録(2019/発行元:彫刻とデッサン展実行委員会)より

 

 

今、大変ご活躍をされている先生方お二人の魅力あるトークを聞く事ができる貴重な講演会です。
“画家とはまた違った、彫刻家のデッサンの魅力”について、お話しくださるそうです。
このせっかくの機会にできるだけ多くの方々に聞いていただきたく、ご案内申し上げます。
たくさんのお申込みお待ちしております。

ギャラリーカジオ  担当 新井

 

夏休み子ども版画教室「版画でつくる海のいきもの」

 

夏休み子ども版画教室

版画でつくる海のいきもの

 

kodomohanga

 

2019年7月24日(水)

PM1:00〜PM4:00

ギャラリーカジオ B1 多目的ホール

指導:木村遥名(東京藝術大学版画第一研究室修了)


●対象・定員:小学生(先着10名)
※定員になり次第締め切らせていただきます。予めご了承ください。
●持ち物:汚れてもよい服装
●受講料[教材費込]:2,000円(税込)

お申し込みはメール、お電話、FAXにて件名を「子ども版画教室参加希望」とし、
本文にお名前、人数、連絡先を明記の上、ギャラリーまでご連絡ください。
受付締切日:7月20日(土)

電話・FAX:042-403-0915(11:00〜17:00)
メールアドレス:info@gallery-cajio.com

第6回サタデートーク

 

第6回 サタデートーク

小金井ゆかりの彫刻家

若林 奮
─自分が自然の一部であること─

 

ex2019-saturdaytalk1-detail

 

2019年7月20日(土)

PM2:00〜PM4:00

ギャラリーカジオ B1 多目的ホール


先着20名様 / 参加費2,000円(お茶・お菓子付)

申込締切日:7月7日(木)
※先着順ですので定員になり次第締め切らせていただきます。予めご了承ください。

メール(info@gallery-cajio.com)またはFAX(042-403-0915)にて受け付けております。
ご予約の際は、ご連絡先(住所・氏名・電話番号)のご記入をお願いいたします。
メールの場合は件名に「第6回サタデートーク申込希望」とご記入ください。

>>申込用紙(PDFファイル)はこちらから
※PDFファイルを見るにはAdobe Readerが必要です


ARTIST BIOGRAPHY 作家経歴

若林 奮 Isamu WAKABAYASHI(1936-2003)

若林奮は現代日本を代表する彫刻家。大気や水といった彫刻しがたい対象を彫刻に取り込む発想と思索のもと制作された作品は国内外で高く評価されている。彼の思索は、彫刻にとどまらず人と自然の関わりまで敷衍された。

若林は1936年(昭和11)、東京都町田市に生まれた。59年、東京藝術大学卒業。同年、小金井在住の浜素紀のもとで自動車製作に参加。68年、浜との縁により、小金井に移り仕事場を持つ。その後、仕事場は西多摩郡、青梅、御岳と移転するが、自宅は小金井だった。73年「若林奮 デッサン・彫刻展」を神奈川県立近代美術館で開催。75年、武蔵野美術大学助教授となる(のちに教授)。84年まで勤務。80年と86年、ヴェネツィア・ビエンナーレに出品。99年、多摩美術大学教授に就任。2003年、芸術選奨文部科学大臣賞受賞。

 


ページの先頭に戻る