ギャラリーカジオ企画展
思索の現場 2024

shisaku_202402_detail


2024年2月24日 [土]―3月3日 [日]
AM11:00―PM5:00

 

*最終日はPM4:00まで

新型コロナウイルス感染防止対策をおこなっています


IVENT イベント

 

2月24日[土] PM3:00から、ギャラリートークを行います。


BLOG ブログ

 

展示の様子は以下のリンクから、NPO法人小金井市文化協会HPのブログをご覧ください。
https://koganei-bunka.jp/


ARTISTS 参加作家

 

大本幸大坂本龍幸田畠由希子松尾勘太水上泰財

※作家名をクリックorタップで経歴にジャンプします


ARTIST BIOGRAPHY 作家経歴

 

 

大本幸大 Kota OMOTO
1988 山形県酒田市生
2013 武蔵野美術大学造形研究科修士課程絵画コース修了
   
展示歴  
2022 グループ展「WALK THE LINE7」ギャルリー志門/東京
  二人展「パララックス」マサタカコンテンポラリー/東京
  グループ展「百均造形展」ギャルリー志門/東京
  アートストリート展 阿佐ヶ谷アートストリート2023/東京
  個展「影像の世紀」アートギャラリー絵の具箱/東京
   
2023 グループ展「ペンによるドローイング精鋭8人展」ギャルリー志門/東京
  「MINI〇展」Sanciao Gallery/日本橋
  個展「コールドスリープ」REDCUBE GALLERY/東京
  グループ展「間の力」ギャルリー志門/東京
  ARTabi in Hong Kong/ Sanciao Gallery HK/香港
  アートストリート展 阿佐ヶ谷アートストリート2023/東京
  個展「とぎれとぎれのおとぎばなし」アートギャラリー絵の具箱/東京
   
他多数  

 

坂本龍幸 Tatsuyuki SAKAMOTO
1982 東京都生まれ
2008 武蔵野美術大学造形学部油絵学科 卒業
2010 武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻油絵コース 修了
   
2010 「danryu 展」池袋画廊 (東京)
  「2-305!! ムサビ助手展」武蔵野美術大学 2 号館 305 教室 (東京)
  「7/REUNITED 展」府中市美術館 市民ギャラリー (東京)
2011 「energy ムサビ助手展」武蔵野美術大学 美術館・図書館 (東京)
  「8/REUNITED 展」府中市美術館 市民ギャラリー (東京)
2012 「助手展 2012 武蔵野美術大学助手研究発表」武蔵野美術大学 美術館・図書館 (東京)
2013 「六人展 群像のかたち」月光荘 (東京)
  「助手展 2013 武蔵野美術大学助手研究発表」武蔵野美術大学 美術館・図書館 (東京)
2014 「助手展 2014 武蔵野美術大学助手研究発表」武蔵野美術大学 美術館・図書館 (東京)
2015 「夜の形・坂本龍幸個展」キッド・アイラック・アート・ホール (東京)
2016 「坂本龍幸 福迫大智 山田淳吉 展」銀座ギャラリー杉野 (東京)
2017 「割れる山・坂本龍幸個展」多摩信用金庫本店 たましんギャラリー (東京)
2018 「@TORIGOE 」銀座第 7 ビルギャラリー (東京)
2020 「黒い太陽・ 坂本龍幸個展」スルガ台画廊 (東京)
2021,22 「KIZUNA」スルガ台画廊 (東京)
2023 「遠間 - とほあい - 坂本龍幸個展」スルガ台画廊 (東京)
   
パブリックコレクション
信濃デッサン館槐多庵

 

田畠由希子 Yukiko TABATA 
1968 東京都生まれ
1991 早稲田大学法学部卒業
1991-2009 裁判所勤務
1995 武蔵野美術大学短期大学部通信教育部美術科油絵コース入学
1999 同卒業
2005 武蔵野美術大学造形学部通信教育課程油絵学科絵画コース三年次編入学
2009 武蔵野美術大学造形学部油絵学科油絵専攻三年次編入学
2011 武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻油絵コース入学
2013 同修了
   
2011, 2013 上野の森美術美術館大賞 入選
   
2013 UMARTs2013 うまからうまれる15のアート展(馬の博物館)
2019 UMARTs2019 うまからうまれるアート展(JRA競馬博物館)
2022, 2023 思索の現場展(ギャラリーカジオ)
   
2014-2023 個展(ギャラリー日比谷,月光荘)

 

松尾勘太 Kanta MATSUO
1980 佐賀県生まれ
2012 武蔵野美術大学 大学院造形研究科美術専攻油絵コース修了
   
主な個展
2021-2022 「温泉とホラー」second 2.(東京)
2016 「からだ・風景・フルーツ」武蔵野美術大学 FAL(東京)
2013 「穴ぐら」山手83(神奈川)
2012 「境界とその周辺 TWS-EMERGING2012」トーキョーワンダーサイト本郷(東京)
  「記憶の穴場」平成23年度 武蔵野美術大学修了制作展 武蔵野美術大学美術館(東京)
2011 「暗闇の呼吸」SPACE/ANNEX(東京)
   
主なグループ展
2024 「悪から善をつくらなければならない (ほぞ)」TALION GALLERY(東京)
2023 「思索の現場」gallery Cajio(東京)
  「口肛具譚」TALION GALLERY(東京)
2021 「#1」second 2.(東京)
2020 「αM+ vol.1 国立奥多摩美術館 “国立奥多摩湖” ~もちつもたれつ奥多摩コイン~」gallery αM(東京)
2017 「VOCA展2017 現代美術の展望─新しい平面の作家たち」上野の森美術館(東京)
  「Arts in Bunkacho 芸術発信展」文化庁(東京)
2015 「武蔵野美術大学×伊勢丹 『U-35 若手クリエイターによるアート・デザインの現在』」ISETAN新宿店本館(東京)
2014 「シェル美術賞 アーティスト セレクション2014」国立新美術館(東京)
  「Group Exhibition by コムロタカヒロ+松尾勘太+小畑多丘」CLEAR EDITION & GALLERY(東京)
  「国立奥多摩美術館-13日間のプレミアムな漂流-」MOAO(東京)
2013 「Imago Mundi  ベネトンコレクション企画展」Fondazione Querini Stampalia(イタリア)
2013, 2011, 2010 「トーキョーワンダーウォール公募入選作品展」東京都現代美術館(東京)
2012 「第31回 損保ジャパン美術財団 選抜奨励展」損保ジャパン東郷青児美術館(東京)
2011 「Switchers3×3」藍画廊(東京)
2010 「シェル美術賞展2010」代官山ヒルサイドフォーラム(東京)
   
装画
2014 仙田学著『盗まれた遺書』(河出書房新社)

 

水上泰財 Taizai MIZUKAMI
1962 富山県富山市に生まれる。
1987 武蔵野美術大学大学院油絵コース修了。修了制作 優秀賞。
1988 富山県展出品。県展賞受賞。紀伊国屋画廊で最初の個展。新宿紀伊國屋画廊では1990、‘93、2006、‘09年と画廊が閉鎖されるまで3年おきの画廊企画として開催。
1992 日伯現代美術展出品。最優秀賞受賞。(MOA美術館など)
1994 あかね画廊で個展。以後銀座での主な発表場所となる。1996、‘98,2001、‘03年、‘11年、‘15年、‘19年と画廊企画として開催。
1995 日本海美術展出品。大賞受賞。(富山県立近代美術館)
  セントラル美術館油絵大賞展出品。佳作賞受賞。
1997 富山現代作家シリーズ・「可視化の構造11の空間」(富山県立近代美術館)出品。2001年の同シリーズ「心の原風景」にも出品。
  安井賞展(西武美術館)出品。
2003 神田日勝記念館10周年記念展「人を描く2」出品。2004年「武蔵野の作家達」、2007年「人を描く3」出品。 
2005 武蔵野美術大学在外研究員としてオーストリア(ウィーン)に一年間滞在。
2007 コートギャラリー国立で滞欧作を中心にした個展。以後2014年、‘18年、‘22年と4年ごとに画廊企画として開催。
2012 オリンピックファインアーツ イン London出品。(ロンドンバービカンセンター)以後オリンピックに合わせて各地で出品。
2020 「ARTの地産地消」出品。(青梅市立美術館)
2021 画文集「ずっと人間描かれ」刊行。
  「ずっと人間描かれ」刊行記念展開催。(東急本店美術画廊)
2023 ギャラリーアルトンで個展。
   
その他のグループ展
「東風の会」など
 
現在
武蔵野美術大学油絵学科教授。日本美術家連盟会員。

 

 

 

 

.

ギャラリーカジオ企画展

INSTALLATION  XXIII

:corporal chiasme:
Collaborated with 小宮山昭 + 本橋大介

 

installation_202312_detail


2023年12月10日 [日]―12月16日 [土]
AM11:00―PM5:00
*最終日16日はPM4:00まで

新型コロナウイルス感染防止対策をおこなっています


IVENT イベント

 

映像提供、ゲストパフォーマー:三浦宏之

 

12月10日[日] PM2:00よりパフォーマンスを行います。

撮影:淺川  敏


MESSAGE メッセージ

 

『吊られた短冊にプリントされた身体の断片、群集する短冊が絡む ― 身体のキアスム』


BLOG ブログ

 

展示の様子はこちらから(以下をクリックして、NPO法人小金井市文化協会HPのブログをご覧ください)
https://koganei-bunka.jp/


ARTIST BIOGRAPHY 作家経歴

 

小宮山 昭 Akira KOMIYAMA
当ギャラリー(2016年開館)の設計を手がける。
2018年9月、『膨らむ身体 身体の空間表象―現代舞踊・映像・小説 そして建築・都市』をせりか書房より出版。
 
1943 東京生まれ
1967 早稲田大学理工学部建築学科卒業、日建設計入所
1973 ピアノ・アンド・ロジャース、ポンピドーセンター 設計参画
1975 パリ大学都市計画学科、エコール・デ・ボザール修了
1976 小宮山昭+アトリエR一級建築士事務所設立
1986 日本建築家協会新人賞受賞
 
主な作品
科学技術万国博覧会西ゲート、横浜博覧会協会本部棟、泉郷伊豆高原コンドミニアムホテル
 
小宮山 昭 公式サイト
http://www.unitesacom.com/

 

本橋 大介 Daikuke MOTOHASHI
1976 茨城県生まれ
2001 東京芸術大学美術学部絵画科油画専攻卒業
2003 東京芸術大学大学院美術研究科修士課程修了
2005 中国政府国費留学中央美術学院伝統木版画研究室進修生修了
   
個展 
2013 個展 藍画廊 (東京/銀座)
2012 個展 新世代への視点2012 藍画廊 (東京/銀座)
2011 個展 マキイマサルファインアーツ (東京/浅草橋)
2010 個展 藍画廊 (東京/銀座)
2009 個展 藍画廊 (東京/銀座)
2006 個展 ギャラリーエス (東京/表参道)
   
活動歴 
2014 阿佐ヶ谷アートストリート2014 ラピュタ阿佐ヶ谷にて展示
  朝日新聞出版「悪采師」平茂寛/著 カバー装画
2013 朝日新聞出版「鬼と三日月」乾緑郎/著 カバー装画
2012 創出版「ぢぢ放談 激闘篇」永六輔・矢崎泰久/著 カバー装画
  朝日新聞出版「この君なくば」葉室燐/著 カバー装画
    朝日新聞出版「隈取絵師」平茂寛/著 カバー装画
2010 朝日新聞出版「柚子の花咲く」葉室燐/著 カバー装画
    創出版「ぢぢ放談」永六輔・矢崎泰久/著 カバー装画
2007 アジア地域における版画教育の現状 (武蔵野美術大学版画研究室より発行 一部論文執筆)
2006 第83回春陽展
2005 第4回飛騨高山木版画ビエンナーレ
2004 第2回中国留学生美術展
2003 第3回飛騨高山現代木版画ビエンナーレ
2002 第70回日本版画協会展
    第2回山本鼎版画大賞展
2001 第2回飛騨高山現代木版画ビエンナーレ (奨励賞)
    あおもり版画トリエンナーレ2001
    第69回日本版画協会展
   
本橋大介 公式サイト
http://www.daisuke-motohashi.com/

 

 

 

.

2023年 虹の家 作品展
─展示・販売─

 

niji_202312_detail


2023年12月2日[土]―3日[日]
AM11:00―PM5:00
*最終日はPM4:00まで

新型コロナウイルス感染防止対策をおこなっています


MEMBERS 参加メンバー

浅田美香/石井秀和/一木千晶/今川照子/小倉節子/小根澤円香・裕子/金子英子/兼崎悦子/北玲子/斉藤智秋/鈴木久美子/田尾和範・美保子/高橋菫/竹澤美頼/武田亜由美/武田ふみ/立川潤/鶴岡信行/道津友子/野口万里子/法月千鶴子/細川海星・秀子/檜垣元気・節子/日高ふさ江/山口常子/牧野祐希子・千恵子/檀祐貴/村井正美/山村照代/山本俊子/山本みどり/フロムブイ/障害者福祉センター/夢工房さくら ほか


BLOG ブログ

 

展示の様子はこちらから(以下をクリックして、NPO法人小金井市文化協会HPのブログをご覧ください)
https://koganei-bunka.jp/


.
 
  
 
  

ページの先頭に戻る